就職で有利になる履歴書の書き方って?

採用担当者注目を集めるには

採用担当者が見る書類のポイント

就職活動で一番最初に採用担当の目に触れるのが履歴書です。
意外に思われるかもしれませんが、内容よりも書類の送り方、書類の書き方、マナーなどが一番最初に見られます。
書類の整え方に社会人としての資質、仕事に対する考え方などが現れるのだといいます。
書いてある内容が素晴らしくても、マナーにのっとった書類でない場合、その時点で採用担当の心象は悪くなります。
最悪の場合、書類選考で落とされてしまうこともあります。
先ずは、最低限のマナーが守られているかを確認することから始めましょう。

では、どのようなことが守られていればよいのでしょうか。
最近はメールで送ることも多いですが、郵送だった場合は、
・書類に汚れがついたり折れ目をつけないよう、クリアファイルに挟んで定形外の封筒で送る。
・切手の料金が足りているかを確認する。料金改定のある時期は要注意。
・確実に期限内に届くように投函し、急ぐ場合は速達などを使用する。
※書留は担当者の手を煩わせるので避ける。
・手書きの場合は丁寧に、汚れが付かないように配慮する。
※誤字修正を修正液などで処理するのは好ましくはありません。
・添え状を同封する。

また、履歴書については以下の事に注意して書くことが大前提です。
・手書きの場合は、丁寧に書く。
・誤字脱字が無い事、またフリガナを忘れずに記載する。
・写真は剥がれないようにまっすぐに糊付けされていること。
・住所や学校、会社名を省略せずに書く。
・入学、卒業、入社、退職の年、月を間違いなく記載する。
・押印欄がある場合はしっかり押印する。

基本的なことですが、だからこそ、しっかりできていないと社会人としての資質を疑われてしまうのです。

土俵に上がる前にお断りされてしまうことは回避しましょう

就職活動を行う時、先ずは募集要項を見て、自分の希望に合った企業に履歴書などの選考書類をを送ることが第一歩です。 書類選考の時、企業の採用担当はどんなところに着目しているのでしょうか。 そのポイントを把握し、先ずこの関門を突破できるような書類を作成しましょう。

履歴書作成の注意点

採用担当者が注目する点が分かったところで、ポイントとなる部分に注力した履歴書を作成します。 自分が経験してきたことを希望する会社の仕事に生かすことができるのかを完結に理解してもらえる文章を整えます。 忙しい採用担当者にしっかり自分をアピールする必要があります。

書類選考を通過した後の面接対策

書類選考を通過して面接に進む時、何回面接があるのかにより、面接官が異なります。 採用担当者とだけの面接なのか、役職者や役員レベルの方の同席する面接なのかにより、心構えが変わってきます。 基本的には、自分が会社で出来ること、やってみたいと思っていることを的確に伝えることを念頭に置いて受け答えします。