履歴書作成の注意点

自分の気持ちを伝える「自己ピーアール」

採用担当者に「会ってみたい」と思ってもらえるかは、基本的なマナーが整っていれば、「自己ピーアール」と「志望動機」にかかっているとも言えます。

「自己ピーアール」は自分の性格な得意分野だけを列記するのではなく、これまで経験したことが、今の自分のどういう部分に活かされているかなど具体的な事例を書くと読む側もイメージしやすくなります。
また、その経験をした時、自分がどのように考え、実際にどう行動したのか、という部分も伝えると、興味を持ってもらいやすくなります。

複数の案件をあげると、インパクトに欠けてしまいますので、1〜2点に絞って書くと良いでしょう。

詐称はもってのほかですが、企業の募集要項などに記載されている「求めている人材」に合致する、あるいは、近い人材であると想像させることができるようにまとめる事ができれば目に留まる可能性は上がります。

自分の気持ちを伝える「志望動機」

自分が、応募する企業に必要な人材だと考える根拠を伝えるには、その企業の事や業界の事を研究しておく必要があります。
企業理念に共感した、と言う表現は見た目ビジネスパーソン的に感じますが、漠然としすぎており、使い古された感がある表現です。
もっと具体的に、これまでの経験や知識が、具体的に、企業のどんな分野に活かせるのか、を書きます。
それが、実際の仕事をイメージして書かれていれば、面接を担当する方も、もっと聞いてみたい、と思ってくれる可能性が高まります。
思い込みで、若干ズレた事を書いてしまう事もあるかもしれませんが、無難にまとめた文章よりはるかに魅力的です。
どれだけ採用担当、もしくは面接担当の方に、自分という人間に興味を持ってもらえるか、ということが重要です。


この記事をシェアする